水のある生活

災害備蓄

もしもの災害に備えて…地震対策用の水の備蓄をしていますか?

比較的、水に恵まれた日本ですが、災害などの不測の事態により、環境は一転してしまいます。電気、ガス、水道のライフラインが寸断されると、復旧にかかるのは約3日間です。

災害が起こってからでは、遅いのです。

みなさんもそう感じて、非常時に備えて、備蓄されてる方も多いと思います。
中でも、生命に関わる「水」は、必要不可欠です。

生命維持のためには、成人で、1日約3リットルの水が必要だと言われてます。
「家族人数×3リットル×3日分」が必要になります。
その量をペットボトルで確保する場合、スーパーなどで購入すると、持ち帰るのに重たく、保管するにも場所をとって大変です。

一日3リットル×3日分

備蓄する飲料水のめやすは、1日1人3リットルを基本に3日分程度、と言われています。TOKAIのウォーターボトルは1本で12リットル。1本あれば4人家族約1日分の備蓄量になります。

停電時も給水可能。

停電時も水の給水は可能です。冷やす・温めるは電気で行っていますが、水は圧力を利用しているので、災害時でも安心してご利用いただけます。

賞味期限は半年!

当社のお水の賞味期限は半年です。
災害時の備蓄としても十分ご利用いただけます。

更に、いつでも指1本で、温かいお湯、冷たい水が使用できます。
さあ、今日から「おいしい水」生活をはじめましょう。

水のある生活 トップゆっこさんの簡単レシピお客さまの声災害備蓄
水を知る トップ軟水と硬水水と健康水と料理水の統計データ

このページのトップへ戻る