用語集

  1. ホーム
  2. 用語集

用語集

朝霧高原

富士山観光で有名な朝霧高原(あさぎりこうげん)は、静岡県富士宮市北部・富士山西麓(標高700〜1000m)の高原のことを指します。その広大な土地全域で富士山が望める。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバー (Water Server) とは機械の上部に水のガロンボトル(12L)をセットして冷水(5℃〜10℃)と熱水(80℃〜90℃)が出てくる冷水熱水器具をいう。一般的には、水の宅配会社とのレンタル契約で設置している。ドリンクディスペンサーとも言われる。

ウォーターボトル

ウォーターサーバー (Water Server) の機械の上部に設置する、水のガロンボトル(12L)のことを指します。

硬水

カルシウムとマグネシウムを比較的多量に含む水のことです。日本では硬度200以上の水を、一般的には硬水と呼びます。肉料理には適しているといわれています。

軟水

カルシウムとマグネシウムの量が比較的に少ない水のことです。日本では一般的に硬度100以下の水を言います。お茶や日本料理によく合います。

スタッカー

ウォーターボトル(12Lのガロンボトル)を積み上げる部品。

追加ボトル

ウォーターボトルを追加注文すること。

バナジウム

バナジウムとは、1830年にスウェーデンの科学者セブストレームによって発見された、原子番号23の元素。カルシウムやナトリウムなど と同じミネラル成分で、乾燥わかめやこんぶなどの海産物に多く含まれます。このバナジウムは、最近の研究によって富士山の玄武岩に多く含まれていることがわかりました。恵みの雨や雪が長い年月をかけて富士山麓の玄武岩層を通り抜けるときに、岩石の中のバナジウムやマグネシウムといったミネラル成分を溶かし込んでいると考えられています。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターとは、容器入り飲料水のうち、地下水を原水とするものを言う。日本では特に、原水の成分に無機塩添加などの調整を行っていないものは、ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーターと呼ぶ。一方、原水が地下水でないものは、ボトルドウォーターと呼ぶ。

モンドセレクション

1961年から始まった歴史あるコンテストです。ベルギーの首都ブリュッセルに本部が置かれ、世界の優れた食品の中から国際品評評価委員会により総合的に評価され、4段階の賞が贈られます。朝霧のしずく(2L)は、2009年、2010年、2011年と3年連続で最高金賞を受賞しました。

リターナブル

リターナブルとは、使用後のボトルを回収して、洗浄・殺菌後に再利用する水の宅配サービスのことを意味します。追加ボトルのお届け時に空のウォーターボトルを回収するので、ゴミが出ないというメリットがあります。

ワンウェイ

ワンウェイとは、使いきりボトルをお届けする片道(ワンウェイ)方式のことを意味します。使用後の容器はお客様にて廃棄。伸縮性のペットボトルだから廃棄が比較的容易で、空き容器の保管が省スペースです。

このページのトップへ戻る